トランプちゃんはジョンソンちゃんの二の舞になりそうな意思もする

ついこの間までアメリカの大統領になると思っていたトランプさんでしたが、誠に最近はクリントンさんとの支持率の差が解く先方だということで身にとっても想定外の開設になっています。
クリントンさんがメルアド問題で躓けば見通しありと踏んでいたトランプ位置付けだったと思いますが、誠にFBIはクリントンさんを訴追しないとの結論を出したので、
クリントンさんのメルアド難点は二度となかったことに患うわけですからトランプ位置付けはいっぺんに意気消沈してしまったように見える。
トランプさんは資金面でも極めて追い込まれている段階なので何だか泣きっ面に蜂ときのトランプさんがいつまで選挙をやっていられるのかはからきしの不透明だと言えそうだし、自己選挙からの敗北を選んでもおかしくない状況に来ているのかもしれません。
英国でもEU離別派の社長とされていたボリス・ジョンソンさんが次期首相になれないと見るや、やにわにその状態を放りだしている症例もあるわけですからトランプさんにその予報が無いとも限りません。しかもジョンソンさんとトランプさんは見てくれからして甚だ似てますから要注意でしょう。
そろそろどのような開設が待ってるのかわかりませんが心から興味はつきません。