おんなじところへ出荷が予測できるような家財道具が様々できた場合には、こういう文章チャンネルを進んで選びたいだ

 本日は、少し前から出品していたレーザープリンターのトナー・インクブラック2ガイドブックパッケージが落札されていたので、振込先を話似て授けるました。その時の内金の確認をしてきました。
 その時の落札分の売り物の内金確認がとれました。銀行の私のポケットへの内金確認がとれたので売り物の出荷をしました。出荷をした郵便局はラフファッション並べる郵便局ではありません。
 今回、出荷に利用した郵便局で、だけなのかどうにかについてはわからないのですが、将来おんなじ発想先に発送する場合にはこういう受け取りを持ってきてくだされば、60円OFFとさせていただきます。と伝言されました。
 持ち家から一番近い郵便局では、あんなサービスを言われたことがなかったので、なんとなく嬉しかったです。
 ただ、今回の分の出荷は単発的なもので落札方に送りだす結果だけに使った品なので、将来、おんなじところへ出荷が予測できるような郵便が豊かできた場合には、こういう郵便局を進んで選びたいだ。