改めて心も体もハードなスポーツだと感じます

アメリカのフィギュアスケート選手、グレーシー・ゴールドさんが今シーズンの試合を欠場し、平昌オリンピックの出場を断念したというニュースを見ました。ソチオリンピックでは4位に入賞し、世界選手権やグランプリファイナル等でも好成績を収めたことのある方で、女優さんのようなキラキラとしたとても華やかな選手です。
彼女がグランプリシリーズを欠場するというのは知っていましたが、その理由が「体重やメンタルの問題」としていました。そして、今回欠場の理由が「うつ病、不安障害、摂食障害」ということでとても衝撃的でした。
成長期前までジャンプを軽々跳べていた選手でも、女性は成長につれて体重管理も難しく体型も変わってきますのでジャンプが跳べなくなる時期が来るそうです。十分痩せているように見えてもゴールド選手の中では上手くいかないこともあるのでしょう。「この競技は痩せている人のもの、今の自分はそうではない」という言葉がとても切なく、本当に難しい競技なのだなと感じました。