医学部入試疑惑は医療界にとり本当に必要悪なのか

医学部入試疑惑は女子の合格を抑えるという事ですが、付属病院や系列病院を抱えている大学にとっては必要悪とも思える行為に感じます。女医が定着しない事や産婦人科、眼科、皮膚科に偏っている現実は無視できません。日本の医療体制に関する事柄ですから新たなルールが求められます。ただ不正を暴く事にばかり目を向けずにどうしたら良いかを考えるのが国やマスコミの役割ではないでしょうか。文部科学省も全国の大学医学部に実施したアンケート結果を鵜呑みにせずに、問題の本質を良く考えて対策を打つことの方が先ではないかと感じます。面と向かえば有りませんとしか答えられない事は分っているのにアンケート調査とは笑ってしまいます。もしありましたという大学がたくさんあったのなら、もっと公平にしなさいと指導するのが役所の使命であるとでも思っているのでしょうか。国の権限で男女の枠を最初から設定しておき入学試験をする事こそ問題の解決となる事でしょう。http://www.rentmatch.co/jyunyu-belta.html